食と生活ジャーナル

2014_12_30 tuesday
 
  
  
中坪元気 社長
フードルーフ代表。下記公式Webサイトと併せて、公式Facebookも更新中。
  
  
  
「食」に対して感度の高い参加者が集う同社のセミナー。
  
  
  
際に味覚テストを体験することでより理解も深まる。
  
 

「味覚評価テスト」で大人の食育セミナーを展開中

「食」の総合資格『食生活アドバイザー』として、全国で活躍する皆さんを応援するこのコーナー。

今回は関西地区を中心に「食」にまつわる教育イベントなどを企画・運営する企業 「フードルーフ」代表の、中坪元気社長にお話をうかがいました。

──御社で展開されている「五味味覚セミナー(大人の食育)」が好評のようですね。

中坪 以前から当社の主軸セミナーのひとつとして実施してきたプログラムですが、特に子育て中のお母さんを対象に展開を強化してきました。 今秋(2014年)、東京医科歯科大学によって「子供の約30%が味覚を正確に認識できていない」という調査結果が発表されましたが、その要因ともなりうるのが、 家庭での食生活習慣です。そこで「大人にこそ知って欲しい──」というテーマを掲げて、お母さん方が正しい食習慣の知識を身につけて、 子供たちの味覚トラブルを防ごうという目的をご理解いただき、また、メディアで取り上げていただく機会も増えて、徐々に受講者が増えている状況です。

──実際に参加者が味覚テストを受けるのですね?

中坪 そうです。以前、食品メーカーに勤務していた関係で、味覚テストキットについてのノウハウがありましたので、その知識も活用しています。 大人の方でも味覚が衰えている方は多いので、まずはそれを実感していただくことで、理解もより深まります。

──2015年の展望は。

中坪 この「五味味覚セミナー」を、地域自治体などと連携することで、さらに強化を図りたいと考えています。 また併行して、「大人の食育」という一本の軸を柱に、アスリート向けの食育などのセミナーも強化していきたいと考えています。

リンク先
フードルーフ合同会社
http://foodroof.jimdo.com/

Facebookはこちら
https://www.facebook.com/nakatsubo.genki

食生活アドバイザー検定についてはこちら
http://www.flanet.jp

ページのトップへ戻る